仮想通貨

【JPYC→MATIC→海外取引所】海外取引所に仮想通貨を最も安く送金する方法を解説

2022年2月16日

こんにちは、tatsuya(@tatsuyablog_NFT)です。

このブログでは、仮想通貨やNFT、メタバースについての解説をしています。

海外取引所に仮想通貨を一番安く送りたいです。
やり方を教えてください!

以上のような質問にお答えします。

この記事では、一番安く海外取引所に仮想通貨を送る方法について解説しています。

JPYCを用いることで、海外取引所に仮想通貨を安く送ることができます。

そこで今回は、日本の取引所を使わずに、海外の取引所に仮想通貨を送る方法について紹介していきたいと思います。

ポイント

  • JPYCを購入
  • JPYCをMATICに変換
  • MATICを海外取引所に送金

ぜひこの記事を参考にして、できるだけ安く海外の取引所に仮想通貨を送る方法をマスターしましょう!

はじめに

海外の取引所に仮想通貨を送る方法として、今までであれば、日本の取引所を経由して、海外の取引所に送る必要がありました。

この方法は今でもメジャーな方法として多くの人が紹介していますが、日本の取引所を使う方法は、手数料がとても高いです。

多くの取引所で、仮想通貨を出金(送金)するためには、2000円〜3000円ほどかかります。

これは、海外の取引所で仮想通貨を購入してみたい方にとっては、大きな障壁となります。

しかし、この記事で紹介する方法は、手数料がたったの100円未満しかかかりません。

その方法についてこれから解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください!
※初めて仮想通貨を触るという方は、以下の記事を参考にして設定を済ませてください!

【完全マニュアル】仮想通貨の始め方、購入方法を解説【初めての方向け】

続きを見る

Step.1 JPYCを購入する

まずは、JPYCを購入する必要があります。

JPYCとは、日本円に連動したステーブルコインです。

JPYCを用いることで、他の仮想通貨と交換することができます。

JPYCの特徴や購入の仕方まで以下の記事で解説しているので、参考にしてください!
※JPYCを購入する際に、チェーンを選択する画面になったら、Polygonチェーンを選択してください

【便利】JPYCとは?特徴から購入方法まで徹底解説

続きを見る

Step.2 QuickSwapを使ってJPYCをMATICに変換する

次に仮想通貨を他の種類の仮想通貨に交換できるスワップアプリを用いて、JPYCを手数料(ガス代)がとても安いMaticに替えます。

スワップアプリは、QuicSwapというアプリを用います。

具体的な手順を下の記事にて、解説していますので、参考にしながら、JPYCをMaticに交換しましょう!

【便利】UniSwap、QuickSwapとは?特徴から使い方まで徹底解説

続きを見る

Step.3 MetaMaskから海外の取引所にMaticを送る

次に自分のMetaMaskにあるMaticを海外の取引所に送ります。

仮想通貨を、MetaMaskから海外の取引所に送る詳しい方法について、以下の記事で解説しているので、参考にしてください!

メタマスクの始め方(登録方法)、使い方を徹底解説

続きを見る

また、海外取引所は、取引所の中で一番手数料が安いBybitをおすすめします!

あわせて読みたい
【手数料が一番安い】Bybit の登録方法、使い方を徹底解説

続きを見る

まとめ:海外取引所でお得に仮想通貨を購入しよう!

いかがだったでしょうか。

この記事では、海外の取引所に仮想通貨を送るために、一番安く済む方法を紹介しました。

ぜひ、この記事を参考にして、海外取引所に仮想通貨を送り、海外取引所で仮想通貨を購入してみてください!

以下では、おすすめの取引所を目的別、レベル別に紹介しています。

【完全版】目的別,レベル別におすすめの仮想通貨取引所を厳選紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tatsuya

早稲田大学在籍 | 経営・金融・マーケティング専攻 | 仮想通貨やNFT、メタバースに未来を確信し、独学で勉強 | 「とにかく分かりやすい」をモットーに初心者でも分かる記事を執筆 | 仮想通貨やNFT、メタバースで生活を豊かに、楽しく | Twitterで、仮想通貨の最新情報を発信 | お問い合わせは、お問い合わせ欄 or TwitterのDMから。

-仮想通貨