仮想通貨

【便利】JPYCとは?特徴から購入方法まで徹底解説

2022年2月16日

こんにちは、たつやです。
このブログでは、仮想通貨やNFT、メタバースについての解説をしています。

JPYCってなんですか?
JPYCの特徴と購入方法について教えてください!

以上のような質問にお答えします。

この記事では、JPYCの特徴、買い方、他の通貨に替える方法を解説しています。

JPYCは、日本円連動したステイブルコインです(仮想通貨)

ぜひ、この記事を参考にしながら、JPYCを購入してみてください!

JPYCとは?

https://jpyc.jp/

JPYCとは、JPYC株式会社によって発行されている、日本円に連動した日本初のステーブルコインです。

JPYC株式会社は、2019年に、岡部典孝(@noritaka_okabe)氏によって、創業が開始されました。

JPYCは、ブロックチェーン技術によって構成されており、JPYCを用いることで他の仮想通貨を購入することができます。

また、JPYCは、詳しくは仮想通貨ではなく、公式サイトによると『JPYCは1 JPYC = 1円で常に購入・使用できる通貨建資産であり、資金決済法上の自家型前払式支払手段です。暗号資産ではありません。』と記載されています。

少し言葉が難しくなっているので、分かりやすく説明すると、
「JPYCは1JPYC=1円で購入することができるデジタルコインで、JPYCを用いて仮想通貨を購入することができます。」

JPYCの特徴

JPYCは、以下のような特徴があります。

JPYCの特徴

  • 日本円と連動したステーブルコイン
  • イーサリアム・ブロックチェーンをはじめとして様々なチェーンに対応している
  • 購入画面が見やすく、使いやすい

それぞれ解説していきます。

日本円と連動したステーブルコイン

JPYCは、1JPYC=1円で購入できる日本初のステーブルコインです。

ビットコインのような仮想通貨は、価格の変動が激しく、長期保有するのはリスクがあります。

しかし、JPYCやUSDCなどのステーブルコインは、価格が安定しているので、長期保有や決済手段として利用することができます。

これまで日本には、ステーブルコインがありませんでした。

アメリカでは、USDC(USD Coin)やUSDT(USD Tether)などのステーブルコインがありました。

そしてJPYCが登場したことで、手数料がかからずに、日本円で仮想通貨を購入することが可能となったのです。(ガス代はかかります。)

多くのブロックチェーンに対応している

JPYCは、様々なブロックチェーンに対応しています。

ブロックチェーンについては、以下の記事で解説しています。

ブロックチェーン
【世界一分かりやすい】ブロックチェーンについて徹底解説!

続きを見る

対応しているチェーンは以下の通りです。

  • イーサリアムチェーン
  • Matic(Polygon)チェーン
  • xDaiチェーン

以上のように、多くのチェーンに対応していることで、通貨としての汎用性が極めて高くなっています。

購入画面が見やすい

JPYCの購入画面はシンプルでとても使いやすいものとなっております。

そのため、初めての方にとっても仮想通貨の購入がしやすいです。

JPYCの購入方法

まずは、メタマスクの設定を済ませる必要があります。

メタマスクにJPYCトークンを追加する必要があります。

JPYCトークンの追加とは、つまり、JPYCをMetaMaskに表示させる方法です。
(トークンという言葉は初めのうちは分かりずらいので、無視してOKです。)

※何もしていない状態だと、JPYCをMetaMaskに入金してもJPYCが表示されません

まずは、Matic mainnetであることを確認して、アプリ下部の「トークンを追加」をタップします。

次に「カスタムトークン」を選択し、「Token Contract Address」に以下のアドレスを入力(コピー&ペースト)します。(以下のアドレスは、JPYCのPogonチェーンのアドレスです。)

『0x6ae7dfc73e0dde2aa99ac063dcf7e8a63265108c』

入力したら、他の項目が自動で入力されるので、「次へ」→「トークンの追加」をタップします。

これで、設定が完了です。MetaMaskにJPYCが表示されるようになりました。

次に、実際にJPYCを購入していきましょう!

https://jpyc.jp/

上記で解説したようにJPYCの購入方法はシンプルなものとなっております。

以下で購入方法を説明していきます。

※ウォレットに接続する必要があるので、Google Chromeを用いてください。

公式サイトにアクセスする

こちらをタップして、JPYCの公式サイトにアクセスしましょう!

以下のような画面になるので「JPYCを購入する」をタップします。

ウォレットに接続する

画面下にある「ウォレット接続」をタップして、ご自分のメタマスク等のウォレットに接続します。

規約を確認、同意します

振り込み口座の名義を入力します

購入金額を入力します(1JPYC=1円)

最低1万円から購入することができます。10,000円以上の金額を入力しましょう。(1万円の場合は「10000」と入力する)

メールアドレスの入力

入力したメールアドレスに振り込み完了等のメールが届きます。

JPYCのネットワーク(チェーンタイプ)の選択

JPYCのチェーンを選択します。

購入したJPYCを後に、MATICやWETHに替える予定がある人は、「Polygon(Maticメインネット)を選択」
(Polygonチェーンを選択した場合、少量のMaticが貰えます。)

JPYCの送信先のアドレスの入力

メタマスク等のウォレットのアドレスをコピーして貼り付けましょう!
※取引所のアドレスに直接送金することはできないので、必ずご自分のウォレットアドレスを入力しましょう!

銀行口座にお金を振り込む

表示されている銀行口座にお金を振り込みましょう!

以上で、購入の手続きが完了です。JPYCが振り込まれるまで数日待ちましょう。

まとめ:JPYCを実際に購入してみましょう!

いかがだったでしょうか。

この記事では、JPYCの特徴と購入方法について解説しました。

JPYCの購入方法は、シンプルなので初めての方にとっても購入しやすいと思います。

JPYCを用いることで、取引所等を介さずに仮想通貨を購入することができます。
また、購入した仮想通貨をSwapアプリを用いて他の通貨に変えたり、海外取引所に送ることで手数料を安く抑えられます。

ぜひ、この記事を参考にしてJPYCを購入してみましょう!

以下では、Uniswapなどの仮想通貨を別の仮想通貨に交換することができるアプリについて解説しています。

【便利】UniSwap、QuickSwapとは?特徴から使い方まで徹底解説

続きを見る

以下では、おすすめの取引所を紹介しています!

【完全版】目的別,レベル別におすすめの仮想通貨取引所を厳選紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tatsuya

早稲田大学在籍 | 経営・金融・マーケティング専攻 | 仮想通貨やNFT、メタバースに未来を確信し、独学で勉強 | 「とにかく分かりやすい」をモットーに初心者でも分かる記事を執筆 | 仮想通貨やNFT、メタバースで生活を豊かに、楽しく | Twitterで、仮想通貨の最新情報を発信 | お問い合わせは、お問い合わせ欄 or TwitterのDMから。

-仮想通貨