DeFi

【便利】UniSwap、QuickSwapとは?特徴から使い方まで徹底解説

2022年1月7日

こんにちは、tatsuya(@tatsuyablog_NFT)です。
このブログでは、仮想通貨やNFT、メタバースの解説をしています。

UniswapやQuickswapって何ですか?
特徴から使い方まで教えてください!

以上のような質問にお答えします。

UniSwapやQuickSwapは、仮想通貨を他の仮想通貨に交換できるとても便利なサイト(アプリ)です。

最初は慣れないことが多いかもしれませんが、この記事を読んで、実際に使ってみることで徐々に理解できるようになってきます。

この記事を読んで、Uniswap、QuickSwapの使い方をマスターしましょう!

UniSwap、QuickSwapとは?

UniSwap、QuickSwap は、分散型取引所(DEX)である

UniSwap、QuickSwapとは、分散型取引所です。

Uniswap、QuickSwapは、イーサリアム・ブロックチェーン上に作られ、MetaMask等のアプリと完全互換性があります。

【世界一分かりやすい】イーサリアムとは?図解で徹底解説

続きを見る

UniSwap、QuickSwapの主な機能としては、仮想通貨の交換(スワップ)があげられます。

Uniswap、QuickSwapでは、イーサリアムとUSDTの交換といったように、異なる仮想通貨を交換できるのです。

また、一般的に、こういった取引所は、 分散型取引所・DEX (Decentralized Exchange)と呼ばれます。

これと対照的なのが、中央集権型取引所で、CEX(Centralized Exchange)と呼ばれます。

CEXには、従来のような銀行や証券会社、また仮想通貨の取引所であるコインチェックBinance などが当てはまります。

またUniswap は、DeFi と呼ばれるものの一つです。

DeFi とは、分散型金融(Decentralized Finance)と訳されます。

その DeFi の大きな特徴として、DEXがあります。

DEXの特徴

ポイント

DEXの一番の特徴は、何といっても、中央管理者が存在しないことです。

これを可能にしているのがブロックチェーンと呼ばれる技術です。

https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwj4-OyR7571AhWBbN4KHUn5D7AQFnoECAQQAQ&url=https%3A%2F%2Fwww.meti.go.jp%2Fmain%2Finfographic%2Fpdf%2Fblock_c.pdf&usg=AOvVaw0NJzeWd2WeTvTSU-F0tcVn

※経済産業省ホームページより抜粋

ブロックチェーン
【世界一分かりやすい】ブロックチェーンについて徹底解説!

続きを見る

従来の中央集権的な機関は、銀行などの大きな機関が、お金や取引を管理していました。

例えば、日本円とドルを交換する場合、今までであれば、証券取引所が仲介し、利用者は円かドルを受け取っていました。

このモデルでは、証券取引所が仲介手数料を貰い、収益をあげていました。

しかし、DEXには、中央管理者は存在しません。

DEX では、仲介者が存在しておらず、仮想通貨に書き込まれたプログラム(スマートコントラクト)によって、ユーザー同士で取引が行うことが可能となっています。

スマートコントラクトとは、仮想通貨自体に、プログラミングすることで、様々な取引を可能にする機能のことを言います。

スマートコントラクトについては、以下の記事をお読みください。

【世界一分かりやすい】イーサリアムとは?図解で徹底解説

続きを見る

UniSwap、QuickSwapの仕組み

Uniswap の仕組みをしっかりと説明しようとすると、初心者の方にとっては、とても難しい内容になってしまうので、ここではとても簡単に説明しようと思います。

Binance やコインチェックなどは、中央集権型の機関であり、それらが利用者の取引に必要なある程度の仮想通貨などを保管します。

銀行には、ある程度のお金が蓄えられているからこそ、利用者は、お金を借りたり、引き出したり、預けたりできるのです。

これは、仮想通貨でも同じです。

しかし、UniSwap、QuickSwap等はDEX なので、中央機関が存在しません。

中央機関が存在しないので、仮想通貨がもとから蓄えられているといったことはありません。

従って、ある程度の仮想通貨を持っている人が、Uniswap に仮想通貨を預けることで、預けている金額の数%分の金利をもらえる仕組みになっています。

これにより、Uniswap では利用者の取引に十分な量の仮想通貨が蓄えられています。

Swapアプリの使い方

Swapアプリの使い方は至ってシンプルです。

ブラウザを利用する際には、Google Chromeを利用してください。

パソコンで、Swap アプリを使うには、Google Chromeから開く必要があり、Google Chrome の拡張機能として、MetaMaskをインストールする必要があります。

今回は、QuickSwapを例に説明していきますが、基本的にどのスワップアプリも操作は同じになります。

また、UniSwapとQuickSwapの違いは、扱っている仮想通貨の種類にあります。従って、どの通貨を交換したいかによって使い分ける必要があります。

QuickSwapの使い方

まずは、「https://quickswap.exchange/#/swap」にアクセスします。


すると、以下のような画面になります。

右上の「ウォレットに接続」をタップして、MetaMask 等のウォレットに接続します。

その後、自分のウォレットにある交換元の通貨と、交換したい通貨を選択してスワップします。

MetaMask の始め方は、以下の記事にて解説しております。

【完全マニュアル】NFTの始め方を徹底解説【売り方、買い方も】

続きを見る

まとめ:Swap アプリを利用して通貨を交換してみよう!

この記事では、UniSwapやQuickSwap についてその特徴から使い方まで解説しました。

スワップアプリは、とても便利です。

スワップアプリを使用することで、仮想通貨を安く購入することができるので、ぜひこの機会に使い方をマスターしてください!

以下の記事で、海外取引所で仮想通貨を安く購入する方法について解説していますので、チェックしてみてください!

あわせて読みたい
【JPYC→MATIC→海外取引所】海外取引所に仮想通貨を最も安く送金する方法を解説

続きを見る

あわせて読みたい
【OKXに上場】FAME MMAとは?特徴•買い方•上場取引所を徹底解説【FAMEコイン/仮想通貨】

続きを見る

あわせて読みたい
【完全マニュアル】仮想通貨の始め方、購入方法を解説【初めての方向け】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tatsuya

早稲田大学在籍 | 経営・金融・マーケティング専攻 | 仮想通貨やNFT、メタバースに未来を確信し、独学で勉強 | 「とにかく分かりやすい」をモットーに初心者でも分かる記事を執筆 | 仮想通貨やNFT、メタバースで生活を豊かに、楽しく | Twitterで、仮想通貨の最新情報を発信 | お問い合わせは、お問い合わせ欄 or TwitterのDMから。

-DeFi