ブロックチェーン

NFTゲーム

【世界一分かりやすい】ブロックチェーンについて徹底解説!

2021年12月17日

こんにちは、tatsuya(@tasuyablog_NFT)です。

このブログでは、仮想通貨やNFT、メタバースについて解説しています。

ブロックチェーンというが良く分からないです。
詳しく教えてください!

以上のような、ブロックチェーンについての疑問にお答えします。

ブロックチェーンは、仮想通貨やNFTを構成している基礎的な技術です。

本記事では、以上のようなことについて、解説しました。

ブロックチェーンは、難しい言葉で解説されがちですが、当ブログでは、そのような言葉を極力使わず解説しています。

このブログを読んだ後には、仮想通貨の根幹であるブロックチェーン技術について、理解できているでしょう!

ブロックチェーン技術とは?

ブロックチェーン技術の全体像

全体的なイメージを持っていただくために、まずは政府ホームページのイメージ図を引用しながら説明します。

引用:「ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査」https://www.meti.go.jp/main/infographic/pdf/block_c.pdf

今までは、銀行などの大きな金融機関が一元的にお金を管理していました(中央集権型)。(図左側)

しかし、ブロックチェーン技術の発明により、中央集権的な金融機関は必要ではなくなりました。

ブロックチェーン技術は、全ての取引記録が世界中の個々人によって、チェックされ、管理されているのです(分散型)。(図右側)

ブロックチェーン技術の仕組み

画像のように、各ブロックには、取引履歴、ハッシュ値など様々なデータが保管されています。

その一つ一つのブロックがチェーン状につながっているのが、ブロックチェーンと呼ばれるものです。

またブロックが連鎖する仕組みは、ハッシュ値と呼ばれるものによって、ブロックの整合性を検証しています。

世界中の人々が、ブロックの整合性を検証することを、「マイニング」と呼びます。

ブロックチェーン技術の優れているところ3選

改ざんが極めて困難である

上でも書いたように、世界中の人々によって常に各ブロックの取引データは、検証されています。

従って、例え一つのブロックデータを改ざんしようと思っても、前後のブロックの取引データと矛盾してしまうので、全てのブロックを改ざんしなければなりません。

また改ざんしようと思っても、すぐにマイニングによって、検知されます。

従って、改ざんされる可能性は、極めて低いです。

素早く金銭のやり取りが可能である

取引は、全てインターネット上で行われるため、金銭のやりとりは、従来の銀行などと比べて、とても素早く完結することが出来ます。

安価に構築可能である

銀行などと比べて、実際に金融機関を建設して、多くの人を雇って、という手間やお金が省けるので、安価に構築可能です。

また、今までであれば、お金を預けている銀行が倒産してしまった場合、預けていたお金が、なくなってします危険がありました。

しかし、ブロックチェーンの場合は、その心配は、ほとんどありません。

なぜなら、中央集権的な金融機関が存在せず、インターネット上で、世界中の個人によって管理されているからです。

まとめ:ブロックチェーンを理解して、仮想通貨の理解を深めよう!

この記事では、仮想通貨の根幹を成すブロックチェーン技術について解説しました。

最初は理解するのが難しいかもしれませんが、ブロックチェーンによって構成されている仮想通貨やNFTを実際に購入してみることで、理解が深まります!

習うより、慣れろです!

以下でNFTやその始め方について解説しているので、ぜひチェックしてみてください!

NFT徹底解説
【完全版】NFTについて、図を用いて、徹底解説!

続きを見る

【完全マニュアル】NFTの始め方を徹底解説【売り方、買い方も】

続きを見る

【完全マニュアル】仮想通貨の始め方、購入方法を解説【初めての方向け】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tatsuya

早稲田大学在籍 | 経営・金融・マーケティング専攻 | 仮想通貨やNFT、メタバースに未来を確信し、独学で勉強 | 「とにかく分かりやすい」をモットーに初心者でも分かる記事を執筆 | 仮想通貨やNFT、メタバースで生活を豊かに、楽しく | Twitterで、仮想通貨の最新情報を発信 | お問い合わせは、お問い合わせ欄 or TwitterのDMから。

-NFTゲーム