NFT徹底解説

NFT

【完全版】NFTについて、図を用いて、徹底解説!

2021年12月12日

こんにちは、tatsuya(@tatsuyablog_NFT)です。
このブログでは、仮想通貨やNFT、メタバースについての解説をしています。

最近話題のNFTって何ですか?
難しそうなので、分かりやすく教えてください!

以上のような、NFTについての疑問にお答えします。

本記事では、NFTについて、とにかく分かりやすいをモットーに、解説しました。

NFTは、難しい言葉で解説されがちですが、当ブログでは、そのような専門用語を用いずに、誰でも理解できるように、解説しています。

NFTとは?

NFTは、Non-Fungible Token の略で、「非代替性トークン」と訳されます。

トークンとは、デジタル上の資産のことを言います。

初めての方にとっては、トークンは少し難しい言葉なので、最初のうちは、「他と置き換えることのできないもの」と捉えていただいて大丈夫です!

トークンについて詳しく知りたい方は以下の記事をチェック!

【世界一分かりやすい】イーサリアムとは?図解で徹底解説

続きを見る

非代替性トークンについては、逆の「Fungible Token」を考えると分かりやすいです。

「Fungible Token」 とは、「代替可能なトークン」と訳されます。

代替可能なトークンとは、例えば、仮想通貨のことです。

ビットコインやイーサリアムなどは、他の仮想通貨と交換したり、現金に替えたり出来ますよね。

ここで少し難しい話をします。理解するのが難しかったら、一旦飛ばしちゃって大丈夫です。

仮想通貨などの代替可能なトークンは、ERC20というブロックチェーン技術の規格(型の一つ)に基づいて、プログラミングをすることで、サービスが形作られています。

従って、この規格で作られているものは、交換可能なトークンです。(仮想通貨など)

それに対して、NFT(Non-Fungible Token)は、ERC721という規格に基づいて、プログラミングされて作られています。

この規格を用いると、他のトークンとは交換できないものになります。

ブロックチェーン技術とは、NFTや仮想通貨などを構成している技術です。

以上のような技術の形式によって、NFTと仮想通貨などは区別されています!

また、NFTを理解するためには、このブロックチェーンの理解が欠かせません。
分からない方は、以下の記事を参照ください!

ブロックチェーン
【世界一分かりやすい】ブロックチェーンについて徹底解説!

続きを見る

NFTの何がすごいの?

世界に一つだけの作品が生まれる

NFT技術を使うことで、デジタル作品を複製不可能な、唯一無二のものにできます。

今までは、ある作家がデジタル作品をネットで販売しても、その作品を複製することが技術上可能であり、また本物であるという証拠がなかったので価値が付きづらかったです。

しかし、このNFT技術を用いることで、作品にデジタルな証明書が与えられ、その作品(データ)を複製することが出来なくなります。

1人の作家が販売した作品は、世界で1つだけのものになるので、その1つの作品に価値がつくということです。

とても簡単に言えば、デジタルデータにシリアルナンバーがついたようなものです!

これらの技術によって、デジタルデータを所有することができる時代が来たのです!

とても簡単なアナログな例を挙げると、有名野球選手のサインが入ったボールのようなものです。

野球ボールは、同じものがたくさん売られていて、どのボールも同じ価値です。

しかし、その1つの野球ボールにサインが入れば、そのボールの価値は、上がります。

そのサインがNFTと捉えていただければ、最初のうちは、分かりやすいかと思います。

サインが入った野球ボールを、偽造したり、複製するのって難しいですよね。

NFTのアート作品の場合であれば、さらに偽造することは困難になります。

NFTを使ったアート作品に高値が付く理由

引用:OpenSea

NFTの作品に価値がつく理由は、先ほど説明したNFTの1番の特徴である、他と替えることができず、偽造が困難だからです!

世界にひとつしかないので、それ自体に価値が生じます。

その中でも、上のCryptoPunksと呼ばれるドット絵は、最古のNFT作品と言われており、希少性がとても高いために、高い価値がついているのです。

NFTが、高額で売買されているのには、もう一つ理由があります。

それは、投機(投資)目的のためです。

現在、NFTアートは、多くの作品の価値が上がり続けています。

安く買って、高く売ることで儲けている人がたくさんいるのです。

将来、作品の価値が上がることを予想して、安いうちに作品を購入し、高く売れるため、高額で売買されているのです。

NFTアートは、転売できるのが特徴

転売と聞くと、イメージが悪いかもしれません。

しかしNFTアートの場合は、転売されることでビジネスが成り立っているのです。

上でも、話したように、NFT作品は、投機目的で作品の値段が上がっていて、複数回に渡って、作品の売買が行われています。

ある作品が、1人の購入者によって買われ、その作品が再び売れることを、「二次流通」と呼びます。

さらに、二次流通によって、作者に、販売額の数%のお金が入ってくる仕組みを「ロイヤルティ」と呼びます。

この二次流通によるロイヤルティこそが、NFTの特徴なのです。

まとめ:NFTを理解して、始めてみよう

この記事では、NFTとは何か、またその特徴について解説しました。

僕自身、最初NFTについての解説を読んだ時、あまりよく分からなかったですが、実際に購入してみることで理解が深まりました!

「習うより慣れろ」です!

NFTについて理解することで、まだ日本でNFTは、あまり知られていないので、稼げるチャンスが出来ます。

以下では、NFTの始め方を分かりやすく解説しています!

この記事を読んで始めてみたいと思った方は、こちらをチェックしてみてください!

【完全マニュアル】NFTの始め方を徹底解説【売り方、買い方も】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tatsuya

早稲田大学在籍 | 経営・金融・マーケティング専攻 | 仮想通貨やNFT、メタバースに未来を確信し、独学で勉強 | 「とにかく分かりやすい」をモットーに初心者でも分かる記事を執筆 | 仮想通貨やNFT、メタバースで生活を豊かに、楽しく | Twitterで、仮想通貨の最新情報を発信 | お問い合わせは、お問い合わせ欄 or TwitterのDMから。

-NFT