仮想通貨

【動画を見るだけで稼げる】StreamCoinとは?概要•買い方•ICO参加方法•将来性を徹底解説(仮想通貨ストリームコイン)

2022年4月25日

こんにちは、タツヤ(@tatsuyablog_)です。
このブログでは、仮想通貨やNFT、メタバースについて解説しています。

動画を見て稼げるだって!?
概要や仕組みがよくわからないので、詳しく教えてください!

以上のような質問にお答えします。

この記事では、StreamCoinの概要や買い方、ICOの参加方法、将来性を解説しました。

StreamCoinは、とても画期的なプロジェクトであり、まだ正式にサービスが提供されていないですが、もしかしたらYoutubeを超える収益性を生むかもしれません。

ぜひ、この記事を参考にStreamCoinについて知り、購入を検討してみてください!

StreaCoin(ストリームコイン)とは?

https://stream-coin.com/jp/
プロジェクト名称StreamCoin
トークンSTRM(BEP20)
CEX上場予定日2022年5月
上場しているDEXPancakeSwap
公式サイトhttps://stream-coin.com/jp/
公式ツイッターhttps://twitter.com/streamcoin_strm

StreamCoin(ストリームコイン)とは、ブロックチェーン技術を用いた動画配信サービスです。

イメージ的には、Youtubeにブロックチェーン技術を組み合わせたようなものとなっています。

しかし、StreamCoinは、現在ある動画配信サービスより優れた機能を提供しており、次世代の動画配信サービスとなっています。

何より凄いことは、配信者だけでなく、視聴者もお金を収益を受け取れるという点です。

これまでyoutubeなど現在ある動画配信サービスは、基本的には動画の配信者のみが稼げるという仕組みでした。

しかし、StreamCoinでは、動画の視聴者も広告を見ることで、ストリームコイン受け取ることができるようになっており、視聴者も収益を受け取れる仕組みになっています。

これだけではなく、動画の配信者・視聴者ともに収益を受け取れる手段が豊富にあることが特徴的です。

さらに、ストリームコインでは、これまでの配信サービスとは異なり、間にYouTubeやtwitchなどを挟まないので、手数料を引かれることなく、安くスピーディに処理することが可能となっています。

StreamCoinの特徴

動画配信プラットフォーム

ストリームコインの主要サービスは、動画配信プラットフォームの提供です。

ストリームコインの動画配信プラットフォームを「MeiTalk(メイトーク)」と呼びます。

MeiTalkでは、以下のようなことが可能です。

  • 様々な動画配信サービスでの同時配信(マルチストリーミング)
  • メイトークリワード
  • NFTの発行、売買

様々な動画配信サービスでの同時配信

MeiTalkの特徴の1つ目に、様々な動画配信サービスで同時配信することができる点です。

メイトークでは、動画配信サービスとして人気のあるYoutubeやTwitch、TikTok、人気SNSであるツイッターやインスタグラムで同時配信することが可能となっています。

さらに、メイトークを使用した配信では、リアルタイムの自動翻訳を行うことができ、国境を超えて動画を楽しむことができます。

これによって、異なる国のライブ配信であってもチャット機能などで配信者と密なコミュニケーションすることが可能となっています。

メイトークリワード

MeiTalkの特徴の2つ目に、メイトークリワードというものがあります。

メイトークリワードは、StreamCoinのサービスで中心となる収益モデルです。

このシステムでは、配信者は広告代・スーパーチャット、視聴者は、広告を見ることで、STRMを受け取ることができます。

これまでの動画配信サービスでは、視聴者は基本的に収益を受け取れないので、この仕組みはとても画期的なものと言えます。

NFTの発行、売買

MeiTalkの主なサービスは動画配信ですが、このメイトークで配信した動画や画像をNFTとして発行し、StreamCoinのNFTマーケットプレイスで取引することが可能となっています。

配信者はNFTが購入された際の収益、視聴者はNFTの値上がりによる転売で収益を受け取ることができます。

StreamCoinの将来性

結論:ストリームコインの将来性はとても期待できる(★★★★☆)

ストリームコインは、現在の動画配信サービスに革命を起こすようなプラジェクトであり、ストリームコインが掲げるように次世代の動画配信サービスとなっています。

これから仮想通貨やNFTが普及していくにあたり、収益を仮想通貨を受け取れることができる、配信した動画や画像をNFTとして発行できる仕組みは、将来的に、動画配信サービスでは主流になっていくということが容易に予想できます。

その意味で、StreamCoinは、「ビデオNFTの未来」であり、先駆け的な存在となっていくでしょう。

ストリームコインは、Bybitで上場の投票が行われています。Bybitでは、プロジェクトの厳しい審査が設けられており、怪しいプロジェクトは参加できません。この意味で、まずストリームコインが詐欺プロジェクトである可能性は極めて低いと言えます。

また、ストリームコインは、全世界に300万人のユーザー数を抱える「Real Research」とパートナーシップを締結しています。

さらに、ストリームコインは、有名な大手仮想通貨メディアであるCOINTELEGRAPHやCoinDesk、yahoo!、CoinMarketCapなどで取り上げられています。

これらのことから、ストリームコインの透明性は高く、将来性にはとても期待できると言えます。

最新ニュース(4/30更新)

StreamCoinが5月6日(金曜日)日本時間14時にBybitに上場することが決定しました!

https://twitter.com/kyara6295ils/status/1520255042808590336?s=21&t=W3EbiymE5kL-Uh3u0y3dVg

Bybitは手数料も安く、とても使いやすいのでおすすめの取引所です!

さらに、Bybitだけでなく、全世界120箇所の取引所に同時上場することも発表されました!

STRMの買い方・ICO参加方法

仮想通貨を初めて購入するという方は、まずは国内取引所で口座開設をする必要があります。

国内取引所は、コインチェック or ビットバンクがおすすめです。

  • コインチェック:国内大手の取引所。板取引をしなくても仮想通貨を簡単に購入できるので、初心者の方におすすめの取引所。
  • ビットバンク:板取引をすれば仮想通貨を安く購入できる国内取引所。しかし、出金手数料はコインチェックより高いので注意。
【コインチェック公式サイト】 【ビットバンク公式サイト】
初めての方はまずはこちらから
【完全マニュアル】仮想通貨の始め方、購入方法を解説【初めての方向け】

続きを見る

ストリームコインのICOは、4月末まで開催されています。

ICOとはトークンが取引所に上場する前に、発行者から直接トークンを購入する方法です。

ICOでは、上場時の価格よりも安い価格で購入できる可能性が高いのがメリットです。

ストリームコインのICOで50ドル以上のSTRMを購入すると、GSTRMというストリームコインのガス代の支払いに使われるトークンがエアドロップされます。

詳しいICO参加方法は、こちらの公式サイトPDFで解説されていますので、ぜひ参考にしてみてください!

公式サイトは、こちらから。

また、公式サイトの解説では、STRMの購入方法が少し分かりづらいので、補足します。

ストリームコインのKYCが完了したら、ストリームコインにログインします。

以下の画像の通り、画面右上の3本線をタップします。

すると、以下のようにメニューが開かれるので、「トークンを購入」をタップします。

すると、以下の画面のように決済の画面が表示されます。

ステップ1では、ストリームコインを購入するのに使用する仮想通貨を選択します。私は、ガス代の安いBNBを選択しました。

BNBの購入は、Binance or Bybitから購入できます。

ステップ2では、ストリームコインの購入数量をUSDで入力します。

ステップ3では、自分のメタマスクのアドレスをコピー&ペーストしましょう。
紹介者コードは【ykeidtv19a】と入力していただけると嬉しいです。空欄でも構いません。

以上の入力が完了したら、「決済確認」をタップします。

すると以下のような画面が表示されます。

STRMの購入は、ストリームコインのアドレスにUSDTやBNBを送金し、その送金記録を入力することで完了するという少し珍しい方法となっています。

まずは、メタマスクにSTRM購入のための仮想通貨を入金しましょう。(私はBNBを使用)

メタマスクにBNBを入金したら、BNBから「送金」をタップし、送金先のアドレスに、上の画像の赤枠で囲われたストリームコインのBNBアドレスをコピー&ペーストします。

次に、メタマスクで送金を完了します。

送金を完了したら、「アクティビティ」から取引履歴を確認できるので、以下の画像のように「トランザクションIDをコピー」をタップしてコピーします。

トランザクションID(TXID)とは、取引の証明記録のようなものだと思ってください。

コピーしたトランザクションIDを、ストリームコインの「TXID」に貼り付けます。

以上で、完了となります。

しばらく時間が経つと、入金が反映されます。(私は1時間ほどで反映されました。)

まとめ:先行者利益を勝ち取ろう

この記事では、StreamCoinについて概要や買い方、将来性について解説しました。

ストリームコインは、次世代の動画配信サービスであり、サービスが広く認知されれば、YouTubeなどのように主流の動画配信サービスになる可能性が高いです。

また、ICOではSTRMを安く購入することができ、トークンもドロップされます。

ぜひ、この記事を参考に、ICOの参加、トークンの購入を検討し、先行者利益を勝ち取ってください!

あわせて読みたい
【仮想通貨】GSKY(SKY FRONTIER)とは?概要•買い方•将来性を解説(スカイフロンティア)

続きを見る

あわせて読みたい
【稼げます】Titan Huntersとは?効率的な始め方•稼ぎ方を解説(仮想通貨,NFT)【最新】

続きを見る

あわせて読みたい
【超解】仮想通貨Astar(アスター/ASTR)とは?概要•買い方•将来性を徹底解説【Astar Network】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tatsuya

早稲田大学在籍 | 経営・金融・マーケティング専攻 | 仮想通貨やNFT、メタバースに未来を確信し、独学で勉強 | 「とにかく分かりやすい」をモットーに初心者でも分かる記事を執筆 | 仮想通貨やNFT、メタバースで生活を豊かに、楽しく | Twitterで、仮想通貨の最新情報を発信 | お問い合わせは、お問い合わせ欄 or TwitterのDMから。

-仮想通貨