仮想通貨

【仮想通貨】Catecoinとは?概要•買い方•将来性を徹底解説【2代目DOGE,SHIB?】

2022年4月22日

こんにちは、タツヤ(@tatsuyablog_)です。
このブログでは、仮想通貨やNFT、メタバースについての解説をしています。

Catecoinってなんですか?
SHIBコインやDOGEコインみたいなもの?
詳しく教えてください!

以上のような質問にお答えします。

この記事では、CateCoinの概要、買い方、将来性を解説しました。

CateCoinは、次なるSHIB,DOGEコイン、さらにはそれらを抜くポテンシャルを持っている仮想通貨です。

DOGEコインは、一円の状態からなんと価格が高騰、一時は最大で70倍もの価格上昇を記録しました。

CateCoinもDOGEコインのようになる可能性を秘めているので、ぜひまだ価格が安いうちにCsteCoinについて理解を深め、購入してみましょう1

Catecoinとは?

プロジェクト名称Catecoin
ネイティブトークンCATE
発行枚数100兆枚
上場DEXPancakeswap
公式サイトhttps://catecoin.club/#
公式ツイッターhttps://twitter.com/cateclub

CateCoinとは、「ミームコイン(Meme Coin)」という仮想通貨の1種です。

Memeとは、英語圏の俗語で、インターネット上でユーザーによって急速に広がっている画像やビデオ、文章などのネタを指します。

「インターネット上でバズっているネタ」と考えていただけると分かりやすいです。

つまりミームコインとは、「インターネット上でバズっているネタ通貨」を意味します。

同じミームコインで有名なのが、SHIBやDOGEという仮想通貨です。

このような特性からミームコインは、その通貨のプロジェクトというよりも、世間的な注目度によって価格が高騰したりします。

実際に、SHIBはその通貨の実用性というより、イーロンマスクの発言によって価格を急騰させたりします。

この急騰でSHIBは、一時最大で1000倍もの価格上昇を記録し、世間を騒がせました。

そういった実用性がないミームコインが多い中で、Catecoinは、実際に価値を持たせるために実用性があるように設計されました。

以下の公式動画がとても分かりやすいです。

Catecoinの特徴

Catecoinの特徴(実用性)は、以下の通りです。

Catecoinの特徴

  • プラットフォーム
  • ステーキング
  • ゲームやNFT

それぞれ解説していきます。

プラットフォーム

Catecoinの実用性の1つに、プラットフォームとしての機能(Meme Creation)があります。

このプラットフォームは、「The Catecoin Meme Platform」と呼びます。

このプラットフォームでは、NFTを売買するマーケットが設けられ、クリエイターやユーザーは、CATEを用いて取引することができます。

ステーキング

Catecoinの実用性の2つ目に、ステーキング機能があります。

Catecoinでは公式でステーキングサービスを提供しています。

このステーキングではAPYが15%に設定されています。

APYとは?

APYとは、「Average Percentage Yield」の略で、「年換算利率」と訳されます。
APYの特徴は、元本+配当の複利で増える仕組みです。
つまり、ステーキングにおけるAPYとは、仮想通貨を預けることで年間で受け取ることのできる利率を指します。

Catecoinでは、このAPYが15%ととても高く設定されているのが特徴的であり、魅力的な仕組みです。

ステーキングには、公式サイトから参加することができます。

ゲーム

Catecoinの実用性の3つ目に、Play-to-earnのNFTゲームがあります。

Catecoinでは、「Rise of Cats」というNFTゲームが提供されています。

このゲームでは、CATeを用いてゲーム内アイテムであるNFTを購入したりすることができます。

SHIBやDOGEとの違い

ここでは、同じミームコインであるSHIBやDOGEとの違いを解説していきます。

CatecoinSHIBDOGE
総発行枚数100兆枚4億枚無制限
ステーキング15% APYなしなし
収益2%の手数料還元なしなし
実用性プラットフォームShibswapなし

このように見てみると、CATEコインは、通貨としての価値を持つように、様々な点で工夫がされています。

1つ目に、総発行枚数が制限されている点です。この点については、SHIBも制限されていますが、DOGEは無制限となっています。

一般的に、発行枚数が無制限であると、供給量は常に増えていき、1枚1枚の通貨の価値はどんどん下がっていきます。

2つ目に、実用性です。これまで解説してきたように、また上の表からも分かるように、CATEコインには実用性が備わっています。

ステーキングやプラットフォームとしての機能だけでなく。CATEの保有者には、pancakeswapで取引が行われるたびに、2%の取引手数料が還元される仕組みになっています。

このようにCATEには実用性が多く備わっており、CATEを使ってユーザーが稼ぐ手段も豊富に提供しています。

Catecoinの将来性

結論:Catecoinの将来性は期待できる

このブログでは、将来性がとても高い仮想通貨は、「将来性が極めて高い」と表記していますが、今回は、「将来性に期待できる」としました。

その理由は、Catecoinがミームコインであるため、有名なテンセットなどの通貨を比べるとどうしても確実性が下がってしまうためです。

それでも、Catecoinは、ミームコインでありながら、SHIBやDOGEなどの他のミームコインとは異なり、実用性が備わっています。

DOGEやSHIBなどのミームコインの価格が急騰したことがあるため、それより優れた通貨となるよう開発されたCATEも大きな可能性を秘めているということができます。

さらに、CatecoinはYahoo!やNasdaq、gate.ioなど有名企業、取引所が支援しています。

以上のような理由でCATEの将来性は期待でき、投資する価値はあると言えます。

CATEの買い方

CATEは、以下の3つの方法で購入することができます。

  • gate.ioで購入
  • Pancakeswapで購入
  • 公式サイトから直接購入

Pancakeswapで購入する場合は、BNBをBybitBinanceで購入し、CATEとスワップしましょう。

また、CATEは公式サイトからもBNBを用いて直接購入することができます。

まとめ

この記事では、Catecoinについて概要や買い方、将来性を解説しました。

Catecoinは、まだ認知度が低く、価格も安いですが、他のミームコインと違って実用性を備えているので将来性に期待できます。

ぜひ、この記事を参考にCATEを購入してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
【動画を見るだけで稼げる】StreamCoinとは?概要•買い方•ICO参加方法•将来性を徹底解説(仮想通貨ストリームコイン)

続きを見る

あわせて読みたい
What is Market Making Pro(MMPRO) | Everything You Need to Know

続きを見る

あわせて読みたい
【仮想通貨】GSKY(SKY FRONTIER)とは?概要•買い方•将来性を解説(スカイフロンティア)

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tatsuya

早稲田大学在籍 | 経営・金融・マーケティング専攻 | 仮想通貨やNFT、メタバースに未来を確信し、独学で勉強 | 「とにかく分かりやすい」をモットーに初心者でも分かる記事を執筆 | 仮想通貨やNFT、メタバースで生活を豊かに、楽しく | Twitterで、仮想通貨の最新情報を発信 | お問い合わせは、お問い合わせ欄 or TwitterのDMから。

-仮想通貨