NFTゲーム

【仮想通貨】Moon Step(ムーンステップ)とは?始め方や将来性を解説【move to earn】

こんにちは、タツヤ(@tatsuyablog_)です。
このブログでは、仮想通貨やNFTゲームについて最新情報を発信しています。

今回は、Moon Stepというmove to earnアプリについて解説していきます。

NFTゲームの移り変わりが激しい今、大事なのは早期に参入し、先行者利益を掴むことです。

ぜひ、この記事を参考にMoon Stepを始めてみて下さい!

Moon Stepとは?

プロジェクト名称Moon Step
トークンRMT
チェーンBNB Chain(BEP-20)
公式Twitterhttps://twitter.com/MoonStepApp
ホワイトペーパーhttps://docs.moonstep.app/
公式サイトhttps://moonstep.app/

Moon Stepとは、歩いたり走ったりすることで、仮想通貨RMTを稼げるMove to Earnアプリです。

ゲームの仕組みとしては、STEPNとほとんど同じです。

最近開発されたプロジェクトなので、STEPNを参考に作られてものと思われます。

NFTスニーカーを購入し、装備し、動くことで仮想通貨RMTを稼ぐことができます。

アプリ等はリリースされておらず、2022/05/19時点では、プレイすることができません。

2022年5月中にiOS・Androidでリリース予定となっています。

ゲームの仕組み

基本的には、ほとんどSTEPNと変わりません。

スニーカーNFTを装備して、歩いたり走ったりすることで仮想通貨RMTを稼ぐことができます。

スニーカーも、STEPNのように、レア度で分かれており、それぞれ稼げるレートなどが異なります。

また、STEPNのように、スニーカーをミントする際も、2足のスニーカーが必要となります。

将来的に、スニーカーをレンタルする機能も実装する予定となっています。

Moon Stepの始め方

Moon Stepは、アプリがリリースされておらず、まだプレイすることができません。

今後、以下のような2つのバージョンが予定されています。

バージョン1.0

最初にリリースされるバージョン1.0では、無料もしくは一定量のトークンをロックすることで、Moon Stepを始めることができます。

アプリを始めるには、Moon Stepアプリのダウンロード、メタマスクの接続を済ませる必要があります。

バージョン1.0では、プレイヤーは、NFTスニーカーを購入する必要はなく、トークンをロックするだけで、歩いて仮想通貨RMTを稼ぐことができます。

バージョン1.0では、以下の4つのプレイ方法が用意されています。

  • OP0:トークンをロックする必要がなく、無料で始められる。1日2000m移動することを条件に、100m移動するごとに0.2トークンが貰える。
  • OP1:2000SMTをロックすることで、最大で40トークンを貰える。1日で2000m移動すれば、100mあたり2トークンが貰える。
  • OP2:8000SMTをロックすることで、最大で200トークンを貰える。1日で2000m移動すれば、100mあたり10トークンが貰える。
  • OP3:100,000SMTをロックすることで、最大で4000トークンを貰える。1日で2000m移動すれば、100mあたり200トークンが貰える。

それぞれロックする量によって、報酬が変動する仕組みになっています。

また、バージョン1.0でトップ100位以内にランクインした場合は、無料でジェネシスNFTスニーカーボックスを1つ貰えます。

900位以内で、ジェネシスNFTスニーカーを購入できるホワイトリストが1つ貰えます。

バージョン2.0

バージョン2.0ではサービスの正式リリースとなり、6000個限定でジェネシススニーカーボックスを購入することができます。

6000個の内訳は以下のようになっています。

  • 2000個:14日間トークンをロックすることで、ホワイトリストに応募することができます。より多くのトークンをロックした人がスニーカーボックスNFTのホワイトリストを貰えます。
  • 1000個:バージョン1.0の割り当て
  • 3000個:FCFS

2.0以降では、スニーカーNFTを装備することで仮想通貨RMTを稼ぐことができます。

Moon Stepの将来性

Moon Stepの将来性は星3(★★★☆☆☆)です。

その理由は以下の通りです。

  • Move to Earn戦国時代
  • まだサービスが開始されていない
  • 有名スニーカー・スポーツブランドとのコラボ

まず1つ目に、現在多くのMove to Earnアプリが次々に出てきており、M2E戦国時代と言えます。

M2Eの特徴の1つに併用できることがありますが、併用するアプリが多すぎると、アプリ1つあたりで稼げる効率が落ちてしまうので、全てのアプリを同時起動することは現実的に難しいです。

最終的にいくつかのアプリしか残らないことが予想されるので、いかに他のアプリと競争優位性をつけられるかが鍵となります。

2つ目にまだサービスがリリースされておらず、わからないことが多いためです。

最後に、ロードマップを見ると、有名スニーカーブランドやスポーツブランドとのコラボが予定されているという点です。

やはり、有名ブランドとコラボすることで、プロジェクトの信頼性が増し、ユーザー数も増えます。

そのため、今のようなM2E戦国時代では有名ブランドともコラボは欠かせないものと思われます。

まとめ

この記事では、Moon StepというMove to Earnアプリについて解説しました。

ぜひ、この記事を参考にMoon Stepを始め、早期に参入することで、先行者利益を掴みましょう!

あわせて読みたい
【完全攻略】スマホOK!MetaKeeperの始め方•稼ぎ方解説【仮想通貨/メタキーパー】

続きを見る

あわせて読みたい
【運動して稼ぐ】MoveZとは?概要や始め方、ホワイトリスト登録方法を解説【仮想通貨/BlueZilla】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tatsuya

早稲田大学在籍 | 経営・金融・マーケティング専攻 | 仮想通貨やNFT、メタバースに未来を確信し、独学で勉強 | 「とにかく分かりやすい」をモットーに初心者でも分かる記事を執筆 | 仮想通貨やNFT、メタバースで生活を豊かに、楽しく | Twitterで、仮想通貨の最新情報を発信 | お問い合わせは、お問い合わせ欄 or TwitterのDMから。

-NFTゲーム