NFTゲーム

【運動して稼ぐ】MoveZとは?概要や始め方、ホワイトリスト登録方法を解説【仮想通貨/BlueZilla】

2022年5月15日

こんにちは、タツヤ(@tatsuyablog_)です。
このブログでは、仮想通貨やPlay to Earn、Move to Earnなどのブロックチェーンゲームについて最新情報を解説しています。

今回は、MoveZの概要・稼ぎ方・ホワイトリスト登録方法を解説していきます。

MoveZは、仮想通貨(web3)の領域でとても有名なVCであるBlueZillaが手がけるMove to Earnのブロックチェーンゲームとなっています。

MoveZは、これから徐々にサービスが開始されるプロジェクトです。

ブロックチェーンゲームでは、先行者利益を掴むことがとても重要ですので、ぜひこの記事を参考に早期に参入し、先行者利益を掴みましょう!

そもそもBlueZillaとは?

https://bluezilla.vc/

BlueZillaとは、web3でとても有名なVC(Venture Capital)です。

ベンチャーキャピタル(Venture Capital、VC)とは、未上場の新興企業(ベンチャー企業)に出資して株式を取得し、将来的にその企業が株式を公開(上場)した際に株式を売却し、大きな値上がり益の獲得を目指す投資会社や投資ファンドのことを指します。一般的なベンチャーキャピタルは、企業への出資と同時に経営コンサルティングを行い、その企業価値の向上を図ります。ベンチャーキャピタルは、未上場の段階で株式を取得し、上場時に売却することで大きな値上がり益を期待できますが、投資先企業の中には上場を果たすことができずに、出資金の回収が全くできないケースもあります。その意味では、ハイリスク・ハイリターンのスタンスで企業に投資しているといえます。

引用:SMBC日興証券

つまり、web3におけるVCとは、新興のプロジェクトに対して金銭的な支援(出資)を行うことで、出資先のトークン(仮想通貨)の一部を受け取り、プロジェクトが取引所に上場したら、保有するトークンを売却することで利益を得る会社です。

BlueZillaは、主にIDOプラットフォームのプロジェクトをメインに出資をしています。

IDOとは、「Initial DEX Offering」の略称で、DEX(分散型取引所)で暗号資産を発行して資金調達を行うイベントを意味します。

多様性、エコシステムがますます広がるDEXの世界で新しいプロジェクトの考案者に対し、資金、ブランド、マーケティング力を提供するのがIDOプラットフォームです。

引用:Relipa

これまで、BlueZillaが出資したプロジェクトは、トークンの上場後、38倍~1290倍もの価格上昇を記録しており、BlueZillaが出資したプロジェクトは、世界中の投資家からとても注目されています。

そのため、今回、MoveZは、BlueZillaが出資したプロジェクトということで、大変注目されているのです。

まとめ

MoveZは、大手VCであるBlueZillaが出資をしているので、とても将来性が高く、トークンの価格は大きく上昇する可能性が高い

MoveZとは?

https://www.movez.me/
プロジェクト名称MoveZ
トークンMOVEZ(ゲームトークン),BURNZ(ガバナンストークン)
チェーンBSC
IDO2022年5月24日 on PancakeSwap
ホワイトリスト参加MoveZ Whitelist
アプリのリリースComing Soon
公式Twitterhttps://twitter.com/Movez_app
公式サイトhttps://www.movez.me/

MoveZは、歩いて仮想通貨MOVEZやBURNZを稼ぐMove To Earnのゲームとなっています。

厳密には、歩くだけでなく、なんと、サイクリングやサーフィン、スイミング、筋トレなどをして仮想通貨を稼げるゲームとなっています。

なので、Fitness to Earnといった方がわかりやすいでしょうか(笑)

つまり、MOVEZでは、歩くだけでなく様々な手段で仮想通貨を稼ぐことができるとても新しいシステムとなっています。

そのため、MoveZは、以下のようなミッションを掲げています。

MOVEZのミッションは、より多くの人々が健康増進やフィットネスゴールの達成を促すことでフィットネス業界に革命を起こすだけでなく、独自の分散型プラットフォームを通じて、プラットフォームの所有者からプラットフォームのユーザーへと利益を転換させることにあります。

MOVEZ's mission is not only to revolutionize the fitness industry by encouraging more people to improve their health and achieve their fitness goals but also by shifting profits away from platform owners to platform users through a unique decentralized platform.

MoveZは、上述の通り、BlueZillaが手がけているプロジェクトであることから、大変の多くのユーザーに期待されているプロジェクトです。

ゲーム内トークンについては、STEPNをやっている方であれば、MOVEZがGST、BURNZがGMTと考えて頂ければわかりやすいかと思います。

MoveZの仕組み

MoveZは、基本的には歩いたりするなどフィットネスをすることでトークンを稼ぐアプリであり、他のMove to Earnとほとんど同じ仕組みと考えていただいて問題ありません。

※スイミングやサイクリング、筋トレなどをどのように計測するかは、まだ詳細が発表されていません。

ただMoveZでは、既存のMove to Earnの課題を克服するために、いくつかの工夫が施されています。

現在のMove to Earnの大きな課題の1つは参入障壁です。

MoveZは、その課題を克服するために以下の2つの工夫が施されています。

  • NFTの貸し出し・細分化
  • アカウントの貸し出し(サブアカウント)

まず、NFTの貸し出しでは、NFTホルダーが自身のNFTを貸し出すことで、一部を手数料として受け取れることができます。

これによって、資金が限られたユーザーでもNFTを借りることで、仮想通貨を稼ぐことができ、新規プレイヤーが高額なNFTを購入しなく済むので参入障壁がとても下がります。

また、MoveZでは、NFTの細分化機能があります。

この細分化機能では、所有しているNFTをいくつかに分割し、細分化されたパーツを売ったり、複数のプレイヤーに貸し出したりすることができます。

これによって、NFTの貸し出し以上に参入障壁を下げ、より多くのプレイヤーが参入しやすいようにしています。

次に、アカウントの貸し出し(サブアカウント)機能では、企業などの大きな組織が複数のアカウントを所有し、NFTなどを購入を行い、組織のメンバーにアカウントを貸し出すことができます。
(詳細は執筆時点では不明)

これによって、企業の参入などを見込めるほか、参入障壁まで下げることができます。

このように、MoveZは、他のMove to Earnのアプリと異なり、参入障壁を下げるための工夫がされており、より多くのプレイヤーが参加できるような仕組みとなっています。

MoveZの信頼性・将来性

結論:MoveZの信頼性、将来性はとても高いと言えます。

その理由は、以下の4点です。

  • BlueZillaが手がけるプロジェクト
  • 多くのスポーツに対応
  • 参入障壁を下げ、多くのプレイヤーが参入しやすい工夫がされている
  • 日本だけでなく、海外の多くの国でも注目されている

やはり、信頼性・将来性が高い一番の理由は、BlueZillaが出資、手がけているプロジェクトであるためです。

これまでに説明したように、BlueZillaが出資したプロジェクトのトークンは、取引所に上場後最大で1300倍と大きな価格上昇を記録しています。

そのため、このMoveZも、トークンが取引所に上場後、価格が上昇する可能性が高いと予想できます。

次に、MoveZでは、既存のMove to Earnゲームよりも多くの工夫がなされている点です。

Move to Earnゲームは、併用できるのが特徴的ではあるものの、全てのアプリを同時起動するのは現実的に厳しく、また、複数のアプリを起動することで、1つ1つのアプリの効率が落ちます。

従って、同時に起動できるアプリの数は限られています。

この点において、他のMove to Earnと比べて、多くの競争優位性があるため、MoveZはメインのアプリとして使用される可能性が高いと予想できます。

最後に、多くの国でMoveZが注目されているためです。

Google Trendsによると、一番多く検索されている国がパキスタン、次にインドとなっており、日本は21位となっています。

https://trends.google.co.jp/trends/explore?q=movez

仮想通貨プロジェクトの中には、とても盛り上がっているように見えて、実際には日本のみで注目されているケースも少なくありません。

MoveZでは、日本だけでなく多くの国で注目されているので、それだけ期待できると言えます。

始め方・ホワイトリスト参加方法

2022年5月15日時点では、アプリはまだリリースされておらず、ホワイトリストのみに応募することができます。

ホワイトリストは、こちらから参加することができます。

ホワイトリストに当選することで、どのようなメリットがあるかは具体的には書かれていませんが、予想では、トークンが上場する前のIDOローンチパッドに参加できる権利が与えられる可能性が高いです。(つまりトークンが安く買える)

ホワイトリストのページに飛んだら、以下のような画面になります。

「BSCPAD ADDRESS」以降には、すべてメタマスク等のウォレットのアドレスをコピー&ペーストしましょう。(全部同じで問題ありません)

入力しおえたら、「Enter」を選択し、画面の指示に従って、Twitterのフォローなどを行うことで、ホワイトリストに参加することができます。

まとめ

この記事では、MoveZについて概要・将来性・ホワイトリスト参加方法について解説しました。

MoveZは、BlueZillaが手がけているプロジェクトであり、とても将来性が高いと言えます。

しかし、実際にサービスがまだリリースされておらず、また現在は多くのMove to Earnのアプリが登場しています。

なので、投資を行う際は、ご自分でよく調べてから行いましょう。投資は自己責任です。
(現時点ではホワイトリストの応募のみなので投資は不要)

ぜひ、この記事を参考にMoveZに投資するか検討してみましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tatsuya

早稲田大学在籍 | 経営・金融・マーケティング専攻 | 仮想通貨やNFT、メタバースに未来を確信し、独学で勉強 | 「とにかく分かりやすい」をモットーに初心者でも分かる記事を執筆 | 仮想通貨やNFT、メタバースで生活を豊かに、楽しく | Twitterで、仮想通貨の最新情報を発信 | お問い合わせは、お問い合わせ欄 or TwitterのDMから。

-NFTゲーム