仮想通貨

【仮想通貨】Apeコイン(ApeCoin/Ape)とは?特徴や買い方、今後について徹底解説【NFT】【エイプコイン】

2022年3月31日

こんにちは、タツヤです。
このブログでは、仮想通貨やNFT、メタバースについて解説しています。

今話題のApeコインって何ですか?
詳しく教えてください!

以上のような質問にお答えします。

Apeコインは、バイナンスで購入することができます。(登録は3分で完了します)

この記事で分かること

  • Apeコインの特徴
  • 将来性
  • 購入方法

この記事では、Apeコインについて解説しました。

Apeコインは、取引所に上場して以来、価格を上げ続けています。

ぜひ、この記事を参考にApeコインを買ってみてください!

Apeコイン(ApeCoin/Ape)とは?

トークン名称ApeCoin
単位Ape
発行元Yuga Labs
発行日3月17日
現在の価格(2022年3月末時点)1Ape=1700円
発行上限枚数1,000,000枚(全て発行済み)
上場取引所Binance、OKX、CoinbaseExchange、Houbi Global
公式サイトhttps://apecoin.com/

Apeコインとは、BAYC(Bored Ape Yacht Club)の制作会社であるYuga Labsによって発行されたERC-20規格に基づく仮想通貨(トークン)です。

ERC-20規格とは、ブロックチェーンの技術の規格の一つであり、イーサリアムが採用している規格となっています。

BAYCについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてください!

【NFT】BAYC(Bored Ape Yacht Club)とは?特徴や買い方、価格について徹底解説【MAYC】in opensea

続きを見る

Apeコインは、分散型コミュニティ(Decentralized Community)である「Ape Dao」のガバナンストークンであり、Ape Daoによって運営されます。

分散型コミュニティ(DAO)とは?

分散型コミュニティとは、従来の中央集権型組織である銀行や会社のように大きな権力が一点に集中されているのではなく、コミュニティに参加しているメンバーによって平等に運営される新たな組織形態です。

Apeコインは、Ape Daoのガバナンストークンなので、Apeコインの保有者は、Ape Daoの経営や投票などの運営に携わる権利が与えられます。

公式サイトでは、「Apeコインは、メタバースへの進出を目指した、次世代の分散型コミュニティによって運営されるトークンである」と表記されています。

https://apecoin.com/about

仮想通貨を初めて購入するという方は、まずは国内取引所に登録する必要があります。

国内取引所は、仮想通貨を安く買えるビットバンクがおすすめです。

【ビットバンク公式サイト】

以下の記事で、仮想通貨の始め方をわかりやすく解説しているので、ぜひチェックしてみてください!

初めての方はまずはこちらから
【完全マニュアル】仮想通貨の始め方、購入方法を解説【初めての方向け】

続きを見る

Apeコイン(ApeCoin/Ape)の特徴

Apeコインの特徴は、以下の通りです。

Apeコインの特徴

  • DAOによって運営される
  • BAYC,MAYC,BAKC保有者にエアドロップされる
  • 現実世界での決済やゲーム内通貨として利用できる

それぞれ解説していきます。

DAOによって運営されている

上でも説明しましたように、ApeCoinは、分散型のコミュニティであるDAOによって運営されています。

DAOには、Apeコインを保有することで参加できます。

DAOは、仮想通貨やNFT、メタバースを中心とする時代であるWeb3.0における主流の運営形態です。

従って、現在、NFTやそれに付随するトークンの運営は、DAOによって行われていることが多いです。

そのため、Apeの価格変動もDAOの運営次第で大きく変わることが予想されます。

今後のApe Daoの動きには要注目です。

BAYC,MAYC,BAKC保有者にエアドロップされる

BAYC,MAYC,BAKCの保有者には、無料でApeコインがエアードロップされる仕組みになっています。

エアードロップされる量は、それぞれのNFTの保有量、保有している種類によって異なります。

上の画像から、例えば、BAYCのみの保有者には、10,094トークン、BAYCとBAKCの2つ保有している人には10,950トークンがエアードロップされます。

10,000トークン(Ape)時は、現在の日本円に換算するとなんと17,000,000円です。

BAYCの運営会社であるYuga Labsは、BAYCなどの保有者に多くのメリットがあるような運営をし、次世代のコミュニティを目指しています。

このように、BAYCを保有しているだけでも非常に多くの恩恵があります。

BAYCの買い方については、以下の記事で解説しているので、気になった方はぜひ、チェックしてみてください!

【NFT】BAYC(Bored Ape Yacht Club)とは?特徴や買い方、価格について徹底解説【MAYC】in opensea

続きを見る

現実世界での決済やゲーム内通貨として利用できる

Apeコインは、すでに、アクションゲーム「Benji Bananas」で、ゲーム内通貨として使用できることが正式に発表されました。

また、アメリカのニュースサイトである「TIME」も、Apeコインの支払いに対応すると発表しました。

今後も、多くのNFTゲームにおいてゲーム内通貨として採用されたり、現実での決済として認めるサービスも増加していくことが予想されます。

従って、Apeコインを所有している恩恵は、とても大きいと言えます。

Apeコイン(ApeCoin/Ape)の価格、今後

Apeコインは、3月17日のバイナンスへの上場後、約40倍と、非常に大きな価格上昇を記録しました。

しかし、その後すぐに価格は、大きく下落し、2022年3月末時点で、13ドル近辺を推移しています。

テクニカル的な見通し

チャート分析から分かるテクニカル的な長期の分析では、上場直後急上昇し、暴落したものの、その後は、落ち着いた価格変動となっており、着実に価格が上昇していることがわかります。

また、日が経つにつれ、価格変動の幅が小さくなっているので、どこかで大きく価格が動く可能性もあります。

これらのことから、中長期的には、Apeコインの価格は、上がっていくことが予想されます。

経済ニュースなどから見るファンダメンタル的分析

これまで説明したように、Apeコインは、現実での決済としての活用、ゲーム内通貨としての活用がすでに進んでいます。

このことは、Apeコインの価値が多くの人に認められている証拠となっています。

仮想通貨は、多くの人に価値を認められ、普及していくことで、その価格は上昇していきます。

従って、すでに通貨が利用され、これからも多くのサービスで利用される予定があることから、今後もApeコインの価格は、上昇していくことが予想されます。

Apeコイン(ApeCoin/Ape)の購入方法

Apeコインが上場している取引所は、海外の取引所のみで、国内の取引所では購入することができません。海外の取引所では、バイナンスとOKXに上場しています。

バイナンスの登録はこちらからできます。(3分で完了します)

従って、日本の取引所で仮想通貨を購入し、海外の取引所に送る必要があります。

Apeコインの購入方法

  • ビットバンクで手数料が安い仮想通貨「リップル(ripple/xrp)」を購入する。
  • 購入したリップルをバイナンス(海外取引所)に送る
  • バイナンスで、リップルをUSDTに替えて、USDTでApeコインを購入する

ビットバンク(国内取引所)で仮想通貨を購入する

まず、ビットバンクで仮想通貨を購入する必要があります。

以下の公式サイトから登録できます。

【ビットバンク公式サイト】

購入する際、手数料をできるだけ安く抑えるために、リップルという手数料が安い仮想通貨を購入するのがおすすめです。

以下でビットバンクの登録方法、使い方を解説しているので、参考にしてください!

あわせて読みたい
【完全マニュアル】bitbankの登録方法、使い方を徹底解説【ビットバンク】

続きを見る

また、仮想通貨を初めて購入するという方は、以下の記事を参考に、最初の準備を済ませてから、上の手順を進めてください!

【完全マニュアル】仮想通貨の始め方、購入方法を解説【初めての方向け】

続きを見る

購入した仮想通貨を海外取引所に送る

次に、ビットバンクで購入した仮想通貨をバイナンスに送る必要があります。

こちらも、先ほど載せました、以下の記事にて送り方を記載しているので、参考にしてみてください!

【完全マニュアル】bitbankの登録方法、使い方を徹底解説【ビットバンク】

続きを見る

また、仮想通貨を送る際に、送り先のアドレスが必要になります。以下の手順でバイナンスのアドレスを確認できます。

バイナンスアプリを開き、下のバーにある「ウォレット」を選択→「XRP」で検索し、選択→ネットワークは「Ripple」を選択→下の「XRP 入金アドレス」をコピーし、コインチェックの送金画面にて貼り付ければ、完了です。

リップルをUSDTに替えて、USDTでApeコインとトレードする

次にリップルをUSDTに替え、USDTでApeコインとトレードします。

画面下の「トレード」を選択し、左上の仮想通貨のペアをタップすることで、トレード銘柄を変更することができます。

USDTに変えたら、購入したいApeコインの数量を選択して、購入ボタンを押すと完了します。

ポイント

  • 指値とは、自分で指定した価格になったときに、自動で購入、もしくは売却されるトレード形式
  • 成行とは、現在の最安値の価格で仮想通貨を買うトレード形式(初心者はこちらの形式がおすすめです)

まとめ

この記事では、Apeコインについて解説しました。

Apeコインは、決済手段としての普及、大手取引所への上場などから、これからも価格は上昇してくことが予想されます。

また、これからApeコインのホルダーには、何か特典があるかもしれません。

価格の安い今のうちに、ぜひApeコインを購入してみてください!

あわせて読みたい
【NFT】CLONE X(クローンエックス)とは?特徴,買い方,将来性を徹底解説【村上隆】【Murakami Flowers】

続きを見る

あわせて読みたい
【OKXに上場】FAME MMAとは?特徴•買い方•上場取引所を徹底解説【FAMEコイン/仮想通貨】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tatsuya

早稲田大学在籍 | 経営・金融・マーケティング専攻 | 仮想通貨やNFT、メタバースに未来を確信し、独学で勉強 | 「とにかく分かりやすい」をモットーに初心者でも分かる記事を執筆 | 仮想通貨やNFT、メタバースで生活を豊かに、楽しく | Twitterで、仮想通貨の最新情報を発信 | お問い合わせは、お問い合わせ欄 or TwitterのDMから。

-仮想通貨