仮想通貨

【図解】UST,LUNAが暴落したのはなぜ?ステーブルコインの仕組みから徹底解説【仮想通貨/初心者向け】

2022年5月13日

こんにちは、タツヤ(@tatsuyablog_)です。
このブログでは、仮想通貨やNFT、ブロックチェーンゲームについて最新情報を発信しています。

今回は、UST,LUNAがなぜ暴落したのかを、ステーブルコインの仕組みから分かりやすく解説しています。

ボラティリティが激しい仮想通貨の取引をする上で、ステーブルコインの存在は欠かすことができません。

しかし、とりあえずステーブルコインにしておけば安心といったことはありません。

ステーブルコインについてその仕組みから理解することは、リスク管理の観点からとても重要になってきます。

この記事を参考にステーブルコインについて理解し、将来的なリスクをうまく管理しましょう!

※この記事は初心者の方向けに解説しているので、初心者の方にとってかなり難しい部分は、分かりやすく解説されているツイートを引用していますので、そちらを参照してください。

ステーブルコイン(StableCoin)とは?

ステーブルコインとは、ボラティティの激しい仮想通貨の取引をする上で、ボラティリティを排除し、リスク回避するために生まれました。

ステーブルコインは、安定した価格を実現するように設計された通貨です。ビットコインをはじめとする仮想通貨暗号資産)は、ドルや円といった法定通貨と比較すると価格変動が激しくその実用性に課題があると一般的に言われています。仮想通貨が広く普及する上でも価格の安定は大きな課題の一つとして考えられ、ステーブルコインはその課題を解決する通貨として考案されました。

引用:bitFlyer

多くのステーブルコインはアメリカドルに連動するように、価格が一定に保たれています。

ひとえにステーブルコインと言っても、それぞれ発行している会社は異なり、仕組みも異なります。

ステーブルコインで多くの人が利用している、代表的な通貨がUSDTだと思います。

以下では、それぞれのステーブルコインの仕組みを解説しつつ、最後にUSTの暴落について解説していきます。

法定通貨担保型(USDT,USDC,BUSD)

USDT(Tether社発行),USDC(Centre社発行),BUSD(Binance社発行)は、法定通貨担保型と呼ばれるステーブルコインです。

法定通貨担保型とは、法定通貨(ドル)を担保とすることで、ステーブルコインの価値を一定($1)に保つ仕組みです。

USDTやUSDC、BUSDでは、ユーザーが$1を支払って、1USDTを受け取ることができます。

$1で1USDTを購入するときに新たに1USDTが発行、1USDTを$1に換えるときに、1USDTがバーン(市場から取り除かれる)される仕組みとなっています。

これらのコインでは、発行したステーブルコインと同量(同価値)の法定通貨を担保とすることで、ステーブルコインの価格が一定に保たれています。

つまり、発行しているステーブルコインと同量の法定通貨を担保とすることで、1USDTの価格は下がらず、下がったとしても、発行元が同量の法定通貨を担保しているので、1USDT=$1で交換できます(つまり理論上は下がらない)。

この担保されている法定通貨の量が発行しているステーブルコインより少ないと、USDTの価値が下がり、次々にUSDTをドルに換えようとした時に、最終的にドルが不足してしまい、実際に交換できるのは最初に交換した人のみになります(早い者勝ち)

それか、担保されている量が少ないと、1USDTあたりの価値が下がります。(この場合はUSDTの価値が下がってしまっているので、全ての人がドルに変えることができる)

ここが法定通貨担保型の問題とされています。

つまり、ステーブルコインの発行元が本当に、同量の法定通貨を担保しているのかが常に指摘されてきました。

Tether社は、これまで何回か発行しているUSDTと同量の法定通貨が担保されていないとされ、一部が同社の社債や投資に使われていることが指摘されてきました。

実際に、2016年から2019年にCFTC(米商品先物取引委員会)によって行われた調査では、USDTの発行数量のなんと10%しか保管されていなかったとされ、罰金処分が与えられました。

また、USDCも過去に同じような問題がありました。

Centre社(USDCの発行元)は、発行しているステーブルコインと同量の法定通貨が担保されているとしていましたが、2021年の調査でも、約60%しか担保されていませんでした。

このように、法定通貨担保型では、担保されている法定通貨の量が不透明というデメリットがあります。

これに対して、BUSDは、発行枚数に対してしっかりと資産が担保されていることが発表されています。

引用:https://hedge.guide/news/assets-of-pax-and-busd-bc202107.html

さらにBUSDの担保資産は、常にニューヨーク州金融サービス局によって監視されているとし、USDTやUSDCより透明性が高いことをアピールしています。

従って、現時点では、資産がしっかりと担保されているBUSDが一番信頼性が高く、価格が安定しやすいと言えます。

  • メリット:法定通貨が担保されているの、価格が安定している
  • デメリット:①担保されている法定通貨の量が不透明
          ②中央組織(政府)に依存的であり、分散型ではない

仮想通貨担保型(DAI等)

仮想通貨担保型とは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を担保とすることで、ステーブルコインの価格を一定に保つ仕組みです。

仮想通貨担保型には、代表的なもので、DAI等が当てはまります。

仮想通貨担保型では、担保されている資産が仮想通貨なため、担保資産のボラティリティが激しいです。

そのため、発行しているステーブルコインと同量の仮想通貨を担保とするだけでは、担保している仮想通貨の価格が下落したときに、発行しているステーブルコインの価格を一定に保つことができません。
(ステーブルコインの保有者が全員ドルに換えようとすると、担保資産が足りなくなるorステーブルコインの価値が下がる)

従って、担保している仮想通貨が価格変動しても、発行しているステーブルコイン以上の量を常に確保するために、より多くの仮想通貨を担保する必要があります。

従って、仮想通貨担保型では、資金効率が悪いという点が欠点です。

  • メリット:①法定通貨に依存しないので、分散的。
         ②ブロックチェーン上で完結するので、透明性が高い
  • デメリット:①より多くの担保を必要とするので、資金効率が悪い
          ②仮想通貨のボラティリティが激しいので、価格が安定しない

無担保型(UST等)

無担保型とは、基本的には担保を必要とせず、需要と供給のバランスによってステーブルコインの価格を一定に保つ仕組みです。

コンピューターのアルゴリズムによって、需要と供給が自動で調整されて価格が一定に保たれる仕組みとなっています。

厳密には、上の画像のように、ユーザーが利益を上げられるようにして、UST,LUNAを用いてバーン等を繰り返すことで、需要と供給が保たれます。

このようにUSTの価格が高い・低い場合でも、ユーザーの取引によって自動で$1に落ち着くようになっています。

UST・LUNAの仕組みはコインポストさんの記事でも詳しく解説されています。

UST暴落の原因

今回USTが暴落した一番大きな理由は、何者かによって一度に大量のUSTが売られたことによって、LUNAでは抑えが効かなくなってしまったためです。

さらにUSTの価格を支えるLUNA自体も、一度に大量のUSTの売りが発生したことによって、不安がすぐに広がり、価格が下がりました。

1度目に価格が下がったとき、USTの発行元は、ビットコインを担保とすることによって、信頼性を回復し、USTの価値を戻そうと試みられました。

しかし、それはあまり効力を発揮せず、また、担保としたビットコインの価格も下がってしまいました。

このようにことによって、USTとLUNAの価格は下がり続け、歯止めが効かなくなってしまったのです。

厳密には、もっと複雑なことが一瞬のうちに起きました。

以下の2つのツイートで、とても分かりやすく解説されているので、もっと詳しく知りたいという方は、そちらをご覧ください。
(1つ目のツイートはかなり上級者向け、2つ目のツイートは初心者の方向けにかなり分かりやすくまとめられています)

【1つ目】

さらに続く。詳細は以下のツイートから確認してください(引用元)

【2つ目】

以下のツイートから詳細をチェックできます(引用元)

まとめ

この記事では、それぞれのステーブルコインの仕組みからUSTがなぜ暴落したのかを初心者の方向けに解説しました。

この記事を読んで分かる通り、ステーブルコインは完璧なものではなく、ステーブルコインに換えてあるから安全ということは決してありません。

それでも、ステーブルコインの本質的な仕組み、さらには今回のようにUSTが暴落した歴史、原因を知ることで将来的な投資に活かし、リスク回避することができます。

この記事を参考に、いま一度、どのステーブルコインにしておくのが最善か、さらに仮想通貨をリスクについて考えてみてください!

あわせて読みたい
【仮想通貨】5KMとは?概要や始め方、稼ぎ方を徹底解説【move to earn】

続きを見る

あわせて読みたい
【NFTゲーム】Wizardia(ウィザーディア)とは?始め方や稼ぎ方を徹底解説【仮想通貨】

続きを見る

参考記事
https://coinpost.jp/?p=319551
https://news.yahoo.co.jp/articles/d6f6bde4889246f8e9df54c849f4943e16a274fc?page=2
https://cointelegraph.com/altcoins-for-beginners/stablecoins-101-what-are-crypto-stablecoins-and-how-do-they-work
https://finance.yahoo.com/news/terra-ust-pegs-40-raising-005047266.html
https://www.coindesk.com/layer2/2022/05/11/the-luna-and-ust-crash-explained-in-5-charts/
https://cointelegraph.com/news/terra-peg-mechanism-in-doubt-as-ust-crashes-to-67-cents
https://www.cnbctv18.com/technology/why-has-terras-ust-stablecoin-caused-luna-to-drop-more-than-20-in-24-hours-13424472.htm

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tatsuya

早稲田大学在籍 | 経営・金融・マーケティング専攻 | 仮想通貨やNFT、メタバースに未来を確信し、独学で勉強 | 「とにかく分かりやすい」をモットーに初心者でも分かる記事を執筆 | 仮想通貨やNFT、メタバースで生活を豊かに、楽しく | Twitterで、仮想通貨の最新情報を発信 | お問い合わせは、お問い合わせ欄 or TwitterのDMから。

-仮想通貨