仮想通貨

【仮想通貨取引所】Kanga Exchangeとは?概要•始め方•入出金方法を徹底解説【カンガ/KNG】

2022年4月2日

こんにちは、タツヤです。
このブログでは、仮想通貨やNFT、メタバースについての解説をしています。

Kanga Exchangeってどういう取引所?
ネットで調べてもあまり情報が出てこない...
Kanga Exchangeについて詳しく教えてください!

以上のような質問にお答えします。

Kanga Exchangeは、ポーランドの金融監督庁認可の取引所で、メタヒーローやエバードームが上場している注目の取引所です!

Kanga Exchangeは、今私が注目しているMMPROという仮想通貨が上場している取引所です!

ぜひ、この記事を読んで、Kanga Exchangeで仮想通貨をトレードしてみましょう!

Kanga Exchangeとは?

https://trade.kanga.exchange/?refToken=sbdoDNsDYSwY
名称Kanga Exchange
設立年2018年
本拠地ポーランド
トークンKNG
主な上場銘柄(アルトコイン)エバードーム・テンセット

Kanga Exchangeは、2018年に設立され、ポーランド政府から認可を受けた仮想通貨取引所です。

主な特徴は以下の通りです。

特徴

  • 仮想通貨テンセットのgemsに参加している
  • KYC(本人確認)がいらない
  • ステーキングの金利が高い

仮想通貨テンセットのgemsに参加している

https://www.tenset.io/en/gems
https://www.tenset.io/en/gems

Kanga Exchageは、テンセットのgemsに参加しています。

あわせて読みたい
【2022最新】仮想通貨テンセット(Tenset/10set)とは?特徴、価格、買い方、今後まで徹底解説

続きを見る

テンセットのgemsとは、厳しい審査を通過し、将来有望なプロジェクトのみが参加できるプラットフォームのことです。

このプラットフォームgemsからは、今までKanga Exchangeを含め、メタヒーローやエバードームが参加しています。

メタヒーローは、取引所に上場後、最大で100倍以上、エバードームは60倍もの価格上昇を記録しています。

あわせて読みたい
【仮想通貨】エバードーム(Everdome/DOME)とは?特徴や価格、買い方まで解説【Bybit】

続きを見る

このことから、gemsに参加しているプロジェクトがいかに将来性が高いかが分かります。

従って、Kanga Exchangeの将来性もとても明るいと言えます。

本人確認(KYC)不要

Kanga Exchageでは、多くの仮想通貨取引所とは違って、本人確認が不要となっています。

本人確認が不要と聞くと中には、「大丈夫なの?」と思う方もいらっしゃると思います。

結論:安全です。

KYC不要でも、プログラムがしっかりと構成されており、セキュリティ性がとても高い仕組みとなっています。

その仕組みは、ポーランド政府にも公認されています。

そのため、Kanga Exchangeの登録は、3分で完了し、すぐに取引を行うことが可能となっています。Kanga Exchangeの登録は、こちらから。

ステーキングの金利が高い

Kanga Exchangeには、POSというステーキングシステムが採用されており、とても高い金利が設定されています。

ステーキングとは、仮想通貨を預けて配当を得る仕組みです。

Kanga Exchangeのステーキングの金利は、年利5.5%(変動あり)となっており、さらに、毎日0.3%のボーナスが増える仕組みとなっています。
※途中でステーキングをやめて資金を引き出すと、リセットされます。

つまり、毎日預けておくと、元々の年利に加えて、「0.3%×365日=109.5%」の利率が加わり、合計で115%~120%の利率となっています。

仮想通貨を、100万円分、1年間預けたら、115~120万円になるということです!

Kanga Exchangeの始め方

Kanga Exchageの登録に必要なのは、メールアドレスのみで、本人確認不要で3分で登録できます。

まずは、こちらからKanga Exchangeの公式サイトにアクセスし、登録を行います。
※偽サイトも多くあるため、上のリンクから登録することを強くお勧めします。

メールアドレスと入力し、届いたメールからパスワードを設定するだけで、登録が完了します!

Kanga Exchangeの使い方(入金・出金・購入)

入金

まず、アプリホーム画面下の「wallet」から、画面左上の「Deposit」を選択します。

次に「SELECT CURRENCY」が表示されるので、入金したい仮想通貨を検索します。

そうすると、画面下に「GET ADDRESS」と表示されるのでタップして、アドレスを表示します。

「COPY ADDRESS」をタップしアドレスをコピー、送り元の画面の送付先に貼り付ければ完了です。

出金

出金も、入金と同じ要領でできます!

画面下の「Wallet」から「WITHDRAWAL」を選択→「SELECT CURRENCY」で出金したい仮想通貨を選択→出金先のアドレスを入力し、出金完了

購入

面下の「Market」から、仮想通貨のトレードを行うことができます。

まずは、トレードしたい仮想通貨を検索します。

それぞれ価格と数量を選択し、「BUY」を選択すれば、仮想通貨をトレードすることができます。

まとめ

この記事では、Kanga Exchangeについて、特徴や始め方、使い方を解説しました。

Kanga Exchangeは、まだあまり知られていない取引所ですが、tensetのジェムに参加していたりととても将来性が高い仮想通貨です。

MMPROトークンなど、Kanga Exchangeにしか上場していない仮想通貨もあるので、ぜひこの記事を参考にKanga Exchageに登録してみてください!

あわせて読みたい
【仮想通貨】MMPROとは?概要•買い方•将来性を徹底解説【MetaMaskのIPO?】

続きを見る

あわせて読みたい
【2022最新】仮想通貨テンセット(Tenset/10set)とは?特徴、価格、買い方、今後まで徹底解説

続きを見る

あわせて読みたい
【仮想通貨】エバードーム(Everdome/DOME)とは?特徴や価格、買い方まで解説【Bybit】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tatsuya

早稲田大学在籍 | 経営・金融・マーケティング専攻 | 仮想通貨やNFT、メタバースに未来を確信し、独学で勉強 | 「とにかく分かりやすい」をモットーに初心者でも分かる記事を執筆 | 仮想通貨やNFT、メタバースで生活を豊かに、楽しく | Twitterで、仮想通貨の最新情報を発信 | お問い合わせは、お問い合わせ欄 or TwitterのDMから。

-仮想通貨